瀬戸内徳洲会病院でできた看護師としての成長(神奈川県  看護師4年目)
Blog

瀬戸内徳洲会病院でできた看護師としての成長(神奈川県 看護師4年目)

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 瀬戸内徳洲会病院でできた看護師としての成長(神奈川県 看護師4年目)
blog

結の島ナースの情報ブログです。
採用に関するお知らせや結の島ナースの体験などを発信していきます!

瀬戸内徳洲会病院でできた看護師としての成長(神奈川県 看護師4年目)

体験ナースの声(奄美)
瀬戸内徳洲会病院でできた看護師としての成長(神奈川県 看護師4年目)

看護師になってから、いつか一度離島で働いてみたいと漠然とした夢を描いていました。

コロナ禍で思うように事が進まず、ジャパンハートがきっかけで「結の島ナース」の看護師募集が目にとまり、離島に行くのは今じゃないかと思い応募をしました。

「瀬戸内徳洲会病院」がある瀬戸内町は、奄美大島の中では栄えている名瀬から少し離れた場所にあります。
急性期・慢性期両方があり、私自身僻地らしい所がいいと思い今の職場を選びました。

行ったこともなければ、奄美大島が沖縄だと思っていたひとりなので、何も知識がないままどきどきと不安を抱きながら知らない土地に踏み入りました。
以前は大学病院で働き教育が行き届いた職場だったのですが、私は病棟経験がなく末梢確保の経験もなかったため、始めの1ヶ月は業務を覚えるのに精一杯だった事を覚えています。

同時にホームシックにもなり、頼る人がいないこの土地で同期の支えは大きいものでした。
BBQや誕生日会、シュノーケルやオリンピック観戦をしたりと、今離れてしまった同期達との時間はかけがえのないものだと思います。

働き始め1ヶ月ほど経った頃、担当患者さんの退院カンファレンスに出席する事なりました。
これまで退院支援に関わった事がなく不安はありましたが、実際にカンファレンスに参加し入院中の患者さんの様子を共有する事で、自宅への退院が可能であるのか、どの程度ご家族が協力できるのかなど具体的に話を進めることができました。

また、病院と連携している施設、地域サービスの種類を組み合わせ、できるだけご家族の希望に沿った支援ができる事を知り、病棟看護師がカンファレンスに参加することで、退院までに可能な看護目標を立て、個別性のあるケアにあたる事ができるようになりました。

そして退院後には、患者さんの様子を確認するために電話訪問を行います。
瀬戸内徳洲会病院は入院から退院後まで継続した看護ができる場所であり、私自身はじめての事ばかりで沢山成長させてもらいました。

病院から車で5分の距離には綺麗な海があり、勤務後に海に入れることがとても贅沢な時間だと感じています。
また趣味でダイビングライセンスを取得する事ができ、奄美に来てこんなにも海が好きになれたのが1番の出来事です。

瀬戸内徳洲会病院でできた看護師としての成長(神奈川県  看護師4年目)

小さな町なので患者さん同士がご近所だったり、兄弟、親戚であることが多いです。
入退院を繰り返している方が多い反面、退院した患者さんが元気に歩いている所を見かける事があり、これがこの町の良いところだなと感じました。
入院生活から自宅、施設に帰るまで看護師としての責務を全うしていきたいです。

瀬戸内徳洲会病院でできた看護師としての成長(神奈川県  看護師4年目)

ブログ記事一覧矢印アイコン
welcome

奄美群島へ来てください!
あなたの看護師ライフを私たちがサポートします

よくあるご質問 FAQ

よくあるご質問

みなさまからお寄せいただいたよくある質問をまとめました。

よくあるご質問
採用情報 Recruit

採用情報

給与や福利厚生といった採用に関する情報をご案内します。

採用情報
RIKAjob
徳洲会 看護部
カモメ お問い合わせ 浮き輪 ブログ ヒトデ インスタグラム 浮き輪 フェイスブック