島に住む1人として(富山県出身 看護師9年目)
Blog

島に住む1人として(富山県出身 看護師9年目)

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 島に住む1人として(富山県出身 看護師9年目)
blog

結の島ナースの情報ブログです。
採用に関するお知らせや結の島ナースの体験などを発信していきます!

島に住む1人として(富山県出身 看護師9年目)

体験ナースの声(喜界)
島に住む1人として(富山県出身 看護師9年目)

島に住む1 人として、喜界島で働き始めて約3ケ月が経ちました。

私が応援ナースとして働こうと思ったきっかけは、自然が好きで1度「島」に住んでみたいと思っていたこと。
「島」の医療事情を知りたい、看護師として自分に力をつけたい、
多角的に看ることのできる看護師になりたい、と思っていたからです。

看護師になって7年目、知らない土地へ行って働くことに様々な不安や心配がありました。
しかし挑戦してみたいという気持ちのほうが大きく、1歩踏み出すことにしました。

まずは働く場所を探すところからのスタート。
紹介された喜界島のことは全く知りませんでした。

島に住む1人として(富山県出身 看護師9年目)

喜界島は人口約7,000人、まるで大きな家族のようです。
よく知っている人だからこそ、この人にはどんな医療が必要だろう、
どのような生活が望ましいだろうということが、職種という枠を超えて考えられていきます。
島ならではの支え合いを感じます。

資源が限られる中で、看護師は1人1人が知識や技術を精一杯稼働し働いています。
日々学ぶことばかりです。
また他職種との連携は必須で、協力の大切さを身をもって感じます。

奄美群島は長寿の島といわれています。
たしかに元気な高齢者によく出会います。
患者さんからは「島外から来たの?ちばりよ(頑張って!)」、「元気ね?」と声をかけてもらい、
患者-看護師という関係性を超え、私が支えられているなと感じています。
現在、健康長寿の秘訣を探っているところです。

休日は海で夕日を眺めたり、星空を眺めたりキャンプをしたりと自然を満喫しています。
また島の行事にも参加させていただいたり、名産の黒糖焼酎をたしなんだりと島の文化を楽しんでいます。
看護師としてだけでなく島に住む1人として、島の方の健康を支えていきたいと思っています。

島に住む1人として(富山県出身 看護師9年目)

ブログ記事一覧矢印アイコン
welcome

奄美群島へ来てください!
あなたの看護師ライフを私たちがサポートします

サポート体制 Support

サポート体制

皆さんをサポートするスタッフのご紹介や、宿舎や交通手段などについてご案内します。

サポート体制
採用情報 Recruit

採用情報

病院見学のご案内や、給与や福利厚生といった採用に関する情報をご案内します。

採用情報
RIKAjob
徳洲会 看護部
カモメ お問い合わせ 浮き輪 ブログ ヒトデ インスタグラム