奄美大島で助産師として過ごした1年(岡山県出身 助産師9年目)
Blog

奄美大島で助産師として過ごした1年(岡山県出身 助産師9年目)

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 奄美大島で助産師として過ごした1年(岡山県出身 助産師9年目)
blog

結の島ナースの情報ブログです。
採用に関するお知らせや結の島ナースの体験などを発信していきます!

奄美大島で助産師として過ごした1年(岡山県出身 助産師9年目)

体験ナースの声(奄美)

私は岡山県北部にある総合病院の内科、産婦人科混合病棟で8年間助産師として勤務しました。
中堅スタッフとなり「自分にはもっと知らないことがある」と思い、医療の整った環境から自分で対応しなければいけないという環境に身を置いてみようと、山間部育ちで海への憧れもあったので、結の島ナースで奄美大島:名瀬徳洲会病院へ行くことを決断しました。

3ヶ月からエントリー可能ですが勤務期間を自由に延長でき、1年を超えても継続して勤務することが可能だというのが魅力的だと思います。
勤務開始当初はギャップを感じ、何もできない自分と向き合う時間となりました。

資源は内地と変わりはないですが、何より人手が少なく、前施設との看護方式の違いや時間の使い方などに戸惑いました。産科業務がしんどく感じたため内科業務を主にさせて頂き、島の高齢患者さんたちに癒やされました。

この時は混合病棟での経験があって良かったと思いました。幸いにも同じ月に入職した応援の仲間もいたので心強かったです。
病棟では週に数回NCPR、J-CIMELSの勉強会が開催されます。小児科医が常駐していないため、新生児の蘇生なども私たち助産師が介助することもあります。今までは小児科医常駐の環境であったため新生児蘇生に関しては勉強不足な点があり、必ずここで習得しようと思いました。

初めは助産師なのに産科業務が苦手でしたが、慣れたころから分娩介助、産後ケア、新生児ケアなどさせて頂き、助産師らしい充実した日々を送れました。
夜勤明けの夕方から待機の日もあり、どきどきしながら夜を過ごしますが、元気な赤ちゃんが生まれるとほっとします。苦手だったNCPRも自信を持ってできるようになりました。

プライベートでは岡山県出身で同学年の方に2人も出会いました。話してみると知り合いの知り合いなのに奄美大島で出会うという、なんとも奇妙な出会いでした。さすが、結の島!

奄美大島で岡山弁を話しているのも不思議な感じでした。
他にも岡山県出身の大ベテラン助産師の方もいて、4人で集まり岡山県民会を開催したりもしました。

また応援助産師で集まって勉強会をしたり、ご飯会をしたりしました。
常勤の方が少なく、入れ替わりの激しい応援者に細かく教えることも大変であり、応援者同士お互いに知り得た業務の内容を教え合いました。

他にも同日入職の看護師さんと仲良くなり、一緒にドライブやランチに行きました。
知り合いゼロで入職しても、同日入職や同地域出身の方を紹介してもらえるので横の繋がりはすぐに繋がっていきます。

生活環境についてですが、冬の奄美は雨が多く、風も強いため思っていた以上に寒かったです。日照時間が1週間近くゼロの時は本当に気分が滅入ることもありましたが、そんな時は図書館に行って本を借りてみたり、ランチに行ったりして気晴しをしました。

暖かくなった4月、梅雨が明けた7月には他の奄美群島の他の島へ観光に行きました。絶対行ってみたかった与論島の百合が浜はとても綺麗で、透明度の高い遠浅の海に感動しました。

奄美大島で助産師として過ごした1年(岡山県出身 助産師9年目)

たまたま十五夜踊りというお祭りも開催されており、島の文化にも触れることができました。沖永良部島ではシュノーケリング、ケイビング、ナイトビーチピクニックなど自然の中で思いっきり遊びました。

どちらの島も観光協会の方がとても親切丁寧で、最高の思い出作りができました。

夏が来ると海を眺めに車で、南大島の瀬戸内町や宇検村までドライブをしに行きました。また、星空指数の高い夜を狙って星空を眺めに行ったりもしました。肉眼で天の川が見えた時は感動ました。

奄美大島で助産師として過ごした1年(岡山県出身 助産師9年目)

コロナ禍の影響もありテイクアウトして、外でご飯を食べるという楽しさも知りました。

私が勤務していた期間は台風はあまり来ませんでしたが、パスタやインスタント麺などを備蓄していました。台風が来ると船が止まってしまいスーパーから食材がなくなってしまうので、その辺りは離島だなと実感するところでもありました。

新たな環境に身を置いたことで、慣れるまでには少し苦労しました。しかし奄美大島に来たことで、ここに来なければ出会えない人たちに出会えました。人生の財産だと思います。

奄美大島で助産師として過ごした1年(岡山県出身 助産師9年目)

また内地とは異なる文化を知ることができ良い経験となりました。

最後に私が持参して良かったと思ったもの…自家用車、ヨガマット。

ブログ記事一覧矢印アイコン
welcome

奄美群島へ来てください!
あなたの看護師ライフを私たちがサポートします

よくあるご質問 FAQ

よくあるご質問

みなさまからお寄せいただいたよくある質問をまとめました。

よくあるご質問
採用情報 Recruit

採用情報

給与や福利厚生といった採用に関する情報をご案内します。

採用情報
RIKAjob
徳洲会 看護部
カモメ お問い合わせ 浮き輪 ブログ ヒトデ インスタグラム 浮き輪 フェイスブック